子授け祈願、安産祈願、参拝について

子授け祈願、安産祈願、家内安全祈願、厄払い等の各種祈願は、お問い合わせフォームか、お電話にてご予約をお願い致します。

一、安産祈願について・・・使用する予定のお腹帯を持参して頂ければ、ご祈願の際にお祓いを致します。

ご祈願が初めてという方もいらっしゃいますが、玉串奉奠(たまくしほうてん)の作法などもお教え致しますのでご安心下さい。

参拝、お守りの授与、絵馬の奉納はいつでもお越し下さい。

子授け 安産 お守り

安産お守り

安産のお守りは、母子手帳に挟んで日々お持ちください。

安産のお守りの他、子宝 子授けのお守り、縁結びのお守りなどをご用意しております。

初宮参り

初宮参り

初宮詣・絵馬・御守


初宮参り(初宮詣)といいまして、無事に赤ちゃんが生まれましたら神社へお礼参りを兼ねて、神様へ報告のお参りをします。
一般的に男の子が31日目、女の子が33日目に行われています。
母子の体調や天候によって、これらの期日の前後でお参りの日を選ばれると良いでしょう。

当神社では初宮参りで御祈願をされた方には、「お食い初め」でも使える子供用の箸などをお渡ししております。

お食い初めとは

生後100日を過ぎると、食べ物に一生困らないようにとの願いから、自宅でお膳を用意し食べる真似をする儀式を行います。
これを「お食い初め」といい、ちょうど百日目にお祝いをすることから「百日(ももか)の祝い」とも呼ばれています。
また、歯が丈夫であるようにとお膳には小石も一緒に載せておきます。

子宝安産印の授与

子宝安産 櫻井子安神社 参拝印
子宝、安産のお参りを目的に当神社へお越し頂いた方に、「子宝安産の印」を無料でお渡ししております。
社務所にて、「子宝安産の印が欲しい」と仰ってください。
紙に押してお渡ししますので、神社参拝の記念にお持ち帰りください。

※子宝でのお参りの方にもお渡し致します。
※神社の御朱印は、この印とは別にございます。