• HOME
  • 東庄町舟戸 左右大神

東庄町舟戸 左右大神

左右大神

御祭神

伊邪那岐之命(いざなぎのみこと)|伊邪那美之命(いざなみのみこと)

由緒

今から1320余年前、天武天皇の御代白鳳十二癸未年(683年)、郷土の鎮護として椿の海を望む高台(東庄町舟戸)に創建された。
本社は五穀豊穣、開運、縁結び、安産、延命長寿の大神として信仰厚く古来より武門衆庶の信仰を集めていた。
十二年未年毎に盛大に御神幸祭が行われる。

祭礼

月日 内容
1月1日 歳旦祭
2月3日 節分祭
4月第1土曜日 例大祭・神楽奉納
8月15日 境外社 八幡神社の例祭
11月23日 新穀感謝祭(新嘗祭)

御鎮座地・連絡先

千葉県香取具東庄町舟戸716
担当宮司 上代光正
TEL 0479-68-3387(宮司宅)