• HOME
  • 戌の日・厄年・方位除け表

戌の日・厄年・方位除け表

平成30年(2018年) 戊戌(つちのえいぬ)年 戌の日

1月 睦月 6日(土)、18日(木)、30日(火)
2月 如月 11日(日)、23日(金)
3月 弥生 7日(水)、19日(月)、31日(土)
4月 卯月 12日(木)、24日(火)
5月 皐月 6日(日)、18日(金)、30日(水)
6月 水無月 11日(月)、23日(土)
7月 文月 5日(木)、17日(火)、17日(火)
8月 葉月 10日(金)、22日(水)
9月 長月 3日(月)、15日(土)、27日(木)
10月 神無月 9日(火)、21日(日)
11月 霜月 2日(金)、14日(水)、26日(月)
12月 師走 8日(土)、20日(木)

安産祈願

新しく授かった尊い命が、無事健康に生まれてくるように、母子の安全を神前で御祈念致します。
妊娠5ヶ月目の戌の日を選ばれるのが一般的ですが、体調を優先してご都合のよい時に来社して頂いて問題ございません。お腹帯を既にご用意されている時は、一緒に御祓いを致しますのでお持ち下さい。
戌の日以外の日でも安産祈願は行っております。お気軽にお問い合わせください。

厄年に該当する歳

表記の年齢は数え年です。(今年の誕生日で迎える歳に1歳足した数が数え歳となります)
女性 前厄 本厄 後厄
18歳 19歳 20歳
大厄 32歳 33歳 34歳
36歳 37歳 38歳
表記の年齢は数え年です。(今年の誕生日で迎える歳に1歳足した数が数え歳となります)
男性 前厄 本厄 後厄
24歳 25歳 26歳
大厄 41歳 42歳 43歳
60歳 61歳 62歳

厄払い/厄祓い

厄年というのは、前厄、本厄、後厄と3年間続き、古来より祖先が長い時間をかけて人生において体や運気が低迷する時期を見つけ出したものです。よってこの期間は年の始めに御祈祷をうけ、その一年を無事に過ごせるよう祈るとともに、自身をしっかりと見つめ進んでいくように心がける時でもあります。
生きていく中で、人の力だけでは、解決の出来ないこともあります。そのような時は、日々の生活の感謝と共に大神様の御神徳を頂きまして、低迷な時期も前向きさと謙虚な気持ちで無事に乗り越えていきましょう。

平成30年(2018年) 方位除け/八方除け

本年2月立春から来年の節分までの方位。

恵方 (歳徳神) 南からやや左 丙(ひのえ)の方角 皆様に吉の方角です。
大将軍 南方のうち午方 [真南] 平成30年で3年塞がりの3年目となります。この方向への動土、移転などは凶となります。
ただし一年の内に何度か遊行日といって大将軍の方角が変わる時期があります。

方位除け/八方除け

方位除けとは、まず新たな年に新たな事(土動、普請、移転、旅行、婚礼等)をする場合に暦で当人の星の巡りをみて、行動する方位が安全か確認します。もし凶神、凶方位に当たっていれば方位除けをすることになります。この方位除けは、大将軍のように全員に凶方位になるものもありますが、その他の凶神、凶方位は個人の生年月日により変わってきます。