安産祈願 戌の日以外でも大丈夫ですか?

安産 お守り

時々、「戌の日以外でも安産祈願をうけてもよいか?」というご質問を頂きます。
大切な赤ちゃんの無事を祈る日ですのでこのような疑問が出るのも分かります。そこで戌の日以外の安産祈願、戌の日に妊婦さんご本人が神社へ赴くことが出来ない場合の方法についてご案内させて頂きます。

まず櫻井子安神社では、「戌の日以外に安産祈願をうけることは、問題はありませんので安心して日をお選びください」とご案内しております。
最優先するべきは母体の健康状態です。

戌の日以外の安産祈願

妊娠5ヶ月目に入って戌の日には、無事元気な赤ちゃんが誕生しますようにと安産祈願をうけて腹帯を巻く風習があります。
戌の日に行われる理由は、犬が比較的お産が軽いといわれ、また子沢山であることにあやかってのことです。

しかし、戌の日は干支の周りということになるので、ひと月に2~3回しかありません。
妊娠5ヶ月目の戌の日となるとどうしても都合がつかなかったり、体調が優れなくて外出できないという方も意外と多いのが現状です。

そこで「妊娠5ヶ月に近い(前でも後でも)ご都合の良い日で、旦那さんやご家族が同伴される場合が殆どですから、その方たちのご都合の付く日を選んでお越しください」とご案内しております。もちろん妊婦さん本人の体調面が優れる日であることが前提です。

妊婦さんが来られない場合

他の場合ですと、妊娠されているご本人が事情により神社へ来ることができないということがあります。
その様な時は、ご家族が代理でご来社し安産祈願を受けていかれます。ご祈願の後に代理でお祓いをうけた方が御神札、お守り、お祓いした腹帯を妊婦さんへ渡たすという流れになります。

誰も神社へ来られない場合

遠方のためにご来社頂けないが、安産祈願をした御神札、お守りが欲しいという方もいらっしゃいます。その場合は、祝詞で奏上する事柄をお教え頂き安産祈願をした後にお手元へ御神札、お守り、腹帯に縫い付ける「安産の印」等をお送り致します。

以上が、戌の日以外の安産祈願、妊婦さんご本人が戌の日に神社で安産祈願をうけられない場合の方法になります。
疑問に思うことがありましたらお気軽にご相談ください。

安産祈願 子宝 子授けの神社 千葉県 旭市 櫻井子安神社