安産のお守りは産後どうすればいい?持っていてもいいの?

出産後の安産お守り

妊娠5ヵ月になりますと出産の無事を願い、神社へ安産祈願やお参りに出かける方は多いと思います。
その時に安産の御神札やお守りを授与され、出産まで大切に持ち歩くことになります。

さて、無事に出産を済ませ数日経ぎますと、可愛い赤ちゃんを抱いて「出産大変だったけれど、無事に生まれてくれて良かった。これも神様が守ってくれたおかげかな。」と思い、ふと「・・・そういえばお参りの時に貰った安産のお守りってどうしたらいいんだろう。やっぱり神社へ返したほうがいいのかな。」という疑問が頭を過ぎります。

実際に初宮参り、お礼参りに来られる方にこのような質問を頂くことがあり、その回答は2通りあります。

  1. 「出産が済みましたら、お守りはお焚き上げをするので神職へ渡してください。」
    返納の時期
    • お礼参りの時に神社へ返納する。
    • 年末年始にお焚き上げをする時期が近くありますので、その時に神社へもっていく。
  2. 「出産の記念に手元に残しておきたい場合は、粗末にすることなく母子手帳などと一緒に大切に保管してくださって結構です。」

このどちらかの方法をとれば産後の安産のお守りを粗末にすることはありません。

また、遠方から来られた方で「安産のお守りは、授与された神社へ返納しなければならないのでしょうか」という質問を頂くこともございます。
この場合は、可能であれば授与された神社へお礼参りも兼ねて返納するのが良いですが、事情により難しい場合はお近くの神社へ持って行きお焚き上げしてもらうということになります。

安産のお守りについて

安産祈願 子宝 子授け 縁結びの神社 千葉県 旭市 櫻井子安神社