初宮参り

初宮参り

初宮参り(初宮詣)といいまして、無事に赤ちゃんが生まれましたら神社へお礼参りを兼ねて、神様へ報告のお参りをします。
一般的に男の子が31日目、女の子が33日目に行われています。
母子の体調や天候によって、これらの期日の前後でお参りの日を選ばれると良いでしょう。

初宮参りの息災成長祈願をするご希望の日が決まりましたら事前にご予約をお願い致します。
初宮参りでご祈願時に赤ちゃんが着る晴れ着をご用意しております。もしお手元に晴れ着のご用意がない場合はお貸し致します。

お食い初めについて

生後100日を過ぎると、食べ物に一生困らないようにとの願いから、自宅でお膳を用意し食べる真似をする儀式を行います。
これを「お食い初め」といい、ちょうど百日目にお祝いをすることから「百日(ももか)の祝い」とも呼ばれています。
また、歯が丈夫であるようにとお膳には小石も一緒に載せておきます。

櫻井子安神社で初宮詣りのご祈願を受けられた方には、お祓いした小石をお渡ししておりますので、お食い初めの時に並べてご使用ください。
また「お食い初め」で使える子供用の箸などをお渡ししております。
※これらの授与品は、お初穂料により異なりますのでご了承ください。お問い合わせ頂ければ詳細をご案内させて頂きます。

安産祈願 子宝 子授けの神社 千葉県 旭市 櫻井子安神社