子宝 子授け お守り

子宝 子授けお守り

子宝のお守りをご用意しております。

「子は天からの授かりもの」「子宝に恵まれる」といわれる通り中々自分たちの思うように授からないこともございます。医療の発展には目覚ましいものがございますが、それでも思い悩み心が重くなるようであるならば、お参り頂き気持ちを楽に日々の生活を送れるようにすることも大切です。
焦らず健やかに過ごせることが良い方向へ進むための第一歩です。

当神社では、御祭神に木花咲耶姫命、伊邪那岐命、伊邪那美命をお祀りしております。
木花咲耶姫命は、天孫瓊瓊杵尊の妻として一夜にして身ごもり、燃え盛る産屋の中にも関わらず無事に出産をしたという話から子宝、安産にご利益のある神様として崇敬されています。
伊邪那岐命、伊邪那美命の2柱の神様は初めての夫婦として日本の国土、多くの神々をお産みになられた祖神様です。このことから子宝、安産にご利益のある神様として崇敬されています。

子宝のお守りについて

お守りは日々の生活の中で肌身離さず、常に身の守りとしておけるようにと今のような小さな形になりました。
女性も男性もお持ち頂けます。
かわいい和柄のお守りは、数種類の色がありますのでお好みのものをお選びください。ただし当神社で一つ一つ手作りされているので一度に大量にご用意できません。たまたま、ご希望の色が無い場合もございますので予めご了承ください。

この安産のお守りには、当神社の縁起物である「赤麻紐」が納められています。赤麻紐は、御神体に結ばれていた紐を新たなものに交換した後に、ご利益を頂くためお守りなどにいれて参拝者の方々へ授与されています。

子宝に恵まれた後のお守り

めでたく妊娠されましたら、体調の良い時、または安産祈願の時に当神社へお戻し頂けましたら、後程こちらでお焚き上げ致します。
お守りや御神札は、祈願の内容が過ぎましたらお焚き上げをするものです。子宝のお守りですと妊娠された後、もしくは年が替わり新たなお守りをうける時になります。用事が済んだからといって粗末に扱うことの無いようにしてください。
また、記念に持っていたいという方もいらっしゃいますが、その場合は大切に保管してください。

遠方のため神社へ来られない方

お住まいが遠方のために神社へ直接参拝できないため、お守りを送って欲しいというご相談を頂くことがございます。
その場合は、ご対応致しますので問合せフォームからご連絡ください。
【必要な情報】
※問い合わせフォームに以下を記載してください。

  • お守りの種類、色(赤系・ピンク系・青系・黒系)
  • お守りの数量
  • お守りの送り先郵便番号、住所
  • 受取人様のお名前

郵送となります。
御初穂料は、お振込先を同封致しますので後程お支払いください。

子宝 子授けのお守りの他、安産のお守り、縁結びのお守りなどもご用意しております。

安産祈願 子宝 子授け 縁結び 神社 櫻井子安神社
千葉県旭市櫻井